投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


10月

 投稿者:ひでーえ君  投稿日:2017年10月30日(月)16時15分43秒
  もう10月も終わりです早いものです、今月は何をやっていたのかただ面白いテレビ番組を探してチャンネルをぱかぱかやって居ただけでした、まったく老人生活です、パソコンの故障も出てもう止めようかなどと消極的な考えも出て来たりして我ながら情けなくなります、やはり健康第一ですね、こんな事ではいけないと思いながらも行動しません、今一番の楽しみは月刊誌「サライ」の石川九楊の浮世の筆づかいという1ページだけの読み物が気に入って今年からですが発売日を楽しみに買いに出かけるくらいです、池田さんの本も読み終わり何となく解ったような気がしています、毎日の朝夕刊の小説私の好きな安倍龍太郎の「家康」今この周辺の話ですので毎日わくわくしながら待っています。  

西田哲学は平和に寄与し得るか。

 投稿者:池田善昭  投稿日:2017年 9月22日(金)05時51分52秒
編集済
   青木さんのご理解では、「理解する事が出来ない所が多すぎて、こんな事人の願っている、平和とか幸せに何の役に立つのかと疑問が生まれて来るとページが進まない」と言われると悲しくなるのですが、物事には順序があって面倒でも一段一段苦労して登る必要があると思います。現行の近代科学は原子力問題を抱えて平和を説く資格はありません。そこでは、西洋近代科学の限界が露呈しています。今日、北朝鮮の核開発は世界を不安定にしつつそれから抜け出せないいますね。こうした西洋科学には自然が教える人類の倫理性を根底から欠落しているからですね。わたしたちは、いま、自然科学の「自然」ピュシスへもう一度戻って考え直す必要があるのです。我が国の西田幾多郎は、西洋に先駆けて自然科学をやり直そうとしているのです。これまでの科学的常識を疑い否定するとことから始めますので、青木さんのお感じのように「難しい」と言わざるを得ません。白紙の状態で、再度、挑戦してみてはくださいませんか。  

相撲

 投稿者:ひでーえ君  投稿日:2017年 9月13日(水)15時27分29秒
  九月も中旬となって朝夕の気温も下がってきました、米沢も同じことでしょうね、久しぶりに米沢の姪より知らせで住職より暑中見舞いの手紙から少々気に入ったので使いましたのでよろしくと伝えたきました、俺の拙い言葉が使って下さるなんて、嬉しくなりました。
大相撲怪我人が多く残念な思いをしています、何処の世界も何か勝つことばかりと金儲けの事だけで大切な事が忘れて仕舞ったのではないでしょうか、モットこの国の指導者は真摯な気持ちで皆を引っ張っていたのではだと思いますがどうでしょうか、誰でも何処でも金と権力の亡者になりそれを当たり前としてしまった社会、これでは韓国のの暴挙、押さえて説得できないでしょう、野にまだまだ立派な人おられると思っています出て来て言ってほしいものです、世界平和のために、大好きな相撲を観ながら思いました。
 

学ぶ

 投稿者:ひでーえ君メール  投稿日:2017年 8月23日(水)15時25分15秒
  学ぶ楽しみは理解できるからではないでしょうか、西田哲学を理解できる能力はおいらには足りないようです、残念です、やはり若い時に基礎をしっかり作っておかないとこの歳になってからでは遅いようです、解ろうと少し頑張ってみたのですが、なかなか大変です、それでも時間のある限り少しづつ前に進みたいと思います。
毎朝仏壇に向かって、今日も楽しいこと、面白いこと、心から笑えること、ワクワクすること、元気の出ることいっぱいいっぱい湧き上がりますように、皆に与えること出来ますようにと手を合わせます、それだけでも、1日のスタートから明るい気持ちになります現在のおいらには何に対しても欲を少なくして現状を明るいく暮らしていこうと思っています、又いつか池田さんの著書の感想を書ける日のくる楽しみ、おいらなりに探していきます。
 

ご案内

 投稿者:池田善昭  投稿日:2017年 8月23日(水)04時09分14秒
編集済
  今週の『週刊朝日』「ベストセラー解説」で、われわれの『福岡伸一、西田哲学を読む』が取り上げられています。是非、ご覧ください。  

拙書について

 投稿者:池田善昭  投稿日:2017年 8月 8日(火)05時26分25秒
編集済
   青木さんには、二冊もご購入頂き誠にありがとうございました。それにしても、難解でご理解になられない点、誠に慚愧の極みです。ご参考までに、評論家佐藤美奈子氏の『朝日』に掲載されたコメントをご紹介しましょう。「池田氏は、ただ福岡生命論が西田哲学に似ているから評価するのではない。西田哲学につらなる福岡生命論の主要テーマが、生命論史や思想史の上で大きな意味を持つから評価するのだ。大きな意味とは、ざっくり言ってしまうと、ソクラテス、プラトン以来のいわゆる西洋哲学・科学を乗り越える可能性のことだ。AI(人工知能)を含めた人類の未来を照らすために、細分化され互いの行き来を失いつつある現在の「知」を統合・再編するために、西田哲学と福岡生命論の果たす役割が大きい、ということだ」とあり、わが意を得たと嬉しくなりました。哲学や科学に精通していないとこうは書けません。ともあれ、われわの共著は、売上一万冊を超える勢いてランキングでもナンバーワンにランク付けされている由です。  

八月に成りました

 投稿者:ひでーえ君メール  投稿日:2017年 8月 1日(火)21時33分33秒
  毎年書いて居ます、信子さんの誕生日と御愛宕山のお祭りです、あの境内に火祭りの火の燃え盛っている様子が目に浮かんで来ます、たまリ団子の味のしみた味、口の中に浮かんで来ます、有り難い事に久保田の塩漬茄子今日送られて来て米澤の雰囲気思い出させてくれました良いですね、食欲戻ったような気になります、故郷近くにしてくれる思いにしたりました、浜松は梅雨があけたと言いますが蒸し暑いじめじめした毎日ですたぶん米澤も同じではないですか、こんなに少年のころの気候と違っているのにあまり感じない人達も居るようです、緯度の上の地も涼しい場所が無くなり高度も少々高いくらいではカラッとした涼しさも求められなくなった、少年時代からこの気候に成れた子供達の不幸せ感じなく無くなり当たり前と思って育てば、こんな不幸せは無いと思うの出すがどんなものでしょうか、余分な心配せずに明るく元気に過ごしましょう。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1822

 

暑中お見舞いに感謝

 投稿者:伊田 稔メール  投稿日:2017年 8月 1日(火)09時30分32秒
  ◇いろいろ忙しく「暑中お見舞い」をつくっておりませんので、
 このメールで失礼します。

◇賀状、どうもおしょうしなー。

◇畑の草刈りと庭の草刈り?暑いので本当にたいへんです。
 そのままにしておくと、とても見苦しくなるのでそうもできないし。
 こんなに広い畑や庭は要らないのですが、どこかにやるわけにもいかず・・・。

◇これから定期通院(軽いCOPD)で出かけます。

◇4日からは歴史(教育)関連の全国大会へ。

 今は、26℃でムシムシ。


 

団子

 投稿者:ひでーえ君メール  投稿日:2017年 7月20日(木)16時49分28秒
  何となく今日は古いCDを聞き過ごしています,高村光太郎の「智恵子抄」を聞いていました凄い綺麗な言葉表現、感動です先回聞いた時の事は全然覚えていません記憶なんて当てに出来ませんボケです、聞いているうちにもっと光太郎の事知りたくなりパソコンを見ていまして、あちこちやっていましたユーチュウブに移行して林家たい平のおかめ団子に繋がり、そのうち俺も団子が食べたくなり濃いお茶を入れ今食べました、美味かったです、女房居なくなってから初めての事です、「何でだべ」変化しているのですね。
相撲もあと四日です、伊田さん暑い中畑仕事無理しないで下さい、でも自分で造った野菜格別でしょう楽しみですね。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1822

 

裏の畑

 投稿者:伊田 稔メール  投稿日:2017年 7月17日(月)09時18分56秒
  >高橋寛君とも永らく・・メール交換をすることは・・伊田さん、
 今度お会いなされる時には、宜しくお伝えください

 ◇分かりました。ほぼ1か月に1度は反原発関係の集会で会いますので。

 ◇あまり暑くならないうちに、これから裏の畑にいきます。ナス、トマト
  などの収穫です。

 ◇夏の暑い時期に育つ葉物で「てごろ菜」があるというので、蒔いたら、
  勿論、育ちました。虫がつきやすい、ちょっとクセがある点もありますが、
  ホウレンソウよりは育てやすい野菜です。

 ◇他に、試験的に蒔いている野菜が「あまちゃん菜」(アマランサス)という
  やつです。種を撒いて4日目には芽をだしたのには驚きでした。今日は2ミリ
  ぐらいに育っているだろうか、ワクワクします。

 ◇「レインボウ菜」も試験しようかと待ち構えてます。
 

/170