投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


拙書について

 投稿者:池田善昭  投稿日:2017年 8月 8日(火)05時26分25秒
編集済
   青木さんには、二冊もご購入頂き誠にありがとうございました。それにしても、難解でご理解になられない点、誠に慚愧の極みです。ご参考までに、評論家佐藤美奈子氏の『朝日』に掲載されたコメントをご紹介しましょう。「池田氏は、ただ福岡生命論が西田哲学に似ているから評価するのではない。西田哲学につらなる福岡生命論の主要テーマが、生命論史や思想史の上で大きな意味を持つから評価するのだ。大きな意味とは、ざっくり言ってしまうと、ソクラテス、プラトン以来のいわゆる西洋哲学・科学を乗り越える可能性のことだ。AI(人工知能)を含めた人類の未来を照らすために、細分化され互いの行き来を失いつつある現在の「知」を統合・再編するために、西田哲学と福岡生命論の果たす役割が大きい、ということだ」とあり、わが意を得たと嬉しくなりました。哲学や科学に精通していないとこうは書けません。ともあれ、われわの共著は、売上一万冊を超える勢いてランキングでもナンバーワンにランク付けされている由です。  

八月に成りました

 投稿者:ひでーえ君メール  投稿日:2017年 8月 1日(火)21時33分33秒
  毎年書いて居ます、信子さんの誕生日と御愛宕山のお祭りです、あの境内に火祭りの火の燃え盛っている様子が目に浮かんで来ます、たまリ団子の味のしみた味、口の中に浮かんで来ます、有り難い事に久保田の塩漬茄子今日送られて来て米澤の雰囲気思い出させてくれました良いですね、食欲戻ったような気になります、故郷近くにしてくれる思いにしたりました、浜松は梅雨があけたと言いますが蒸し暑いじめじめした毎日ですたぶん米澤も同じではないですか、こんなに少年のころの気候と違っているのにあまり感じない人達も居るようです、緯度の上の地も涼しい場所が無くなり高度も少々高いくらいではカラッとした涼しさも求められなくなった、少年時代からこの気候に成れた子供達の不幸せ感じなく無くなり当たり前と思って育てば、こんな不幸せは無いと思うの出すがどんなものでしょうか、余分な心配せずに明るく元気に過ごしましょう。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1822

 

暑中お見舞いに感謝

 投稿者:伊田 稔メール  投稿日:2017年 8月 1日(火)09時30分32秒
  ◇いろいろ忙しく「暑中お見舞い」をつくっておりませんので、
 このメールで失礼します。

◇賀状、どうもおしょうしなー。

◇畑の草刈りと庭の草刈り?暑いので本当にたいへんです。
 そのままにしておくと、とても見苦しくなるのでそうもできないし。
 こんなに広い畑や庭は要らないのですが、どこかにやるわけにもいかず・・・。

◇これから定期通院(軽いCOPD)で出かけます。

◇4日からは歴史(教育)関連の全国大会へ。

 今は、26℃でムシムシ。


 

団子

 投稿者:ひでーえ君メール  投稿日:2017年 7月20日(木)16時49分28秒
  何となく今日は古いCDを聞き過ごしています,高村光太郎の「智恵子抄」を聞いていました凄い綺麗な言葉表現、感動です先回聞いた時の事は全然覚えていません記憶なんて当てに出来ませんボケです、聞いているうちにもっと光太郎の事知りたくなりパソコンを見ていまして、あちこちやっていましたユーチュウブに移行して林家たい平のおかめ団子に繋がり、そのうち俺も団子が食べたくなり濃いお茶を入れ今食べました、美味かったです、女房居なくなってから初めての事です、「何でだべ」変化しているのですね。
相撲もあと四日です、伊田さん暑い中畑仕事無理しないで下さい、でも自分で造った野菜格別でしょう楽しみですね。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1822

 

裏の畑

 投稿者:伊田 稔メール  投稿日:2017年 7月17日(月)09時18分56秒
  >高橋寛君とも永らく・・メール交換をすることは・・伊田さん、
 今度お会いなされる時には、宜しくお伝えください

 ◇分かりました。ほぼ1か月に1度は反原発関係の集会で会いますので。

 ◇あまり暑くならないうちに、これから裏の畑にいきます。ナス、トマト
  などの収穫です。

 ◇夏の暑い時期に育つ葉物で「てごろ菜」があるというので、蒔いたら、
  勿論、育ちました。虫がつきやすい、ちょっとクセがある点もありますが、
  ホウレンソウよりは育てやすい野菜です。

 ◇他に、試験的に蒔いている野菜が「あまちゃん菜」(アマランサス)という
  やつです。種を撒いて4日目には芽をだしたのには驚きでした。今日は2ミリ
  ぐらいに育っているだろうか、ワクワクします。

 ◇「レインボウ菜」も試験しようかと待ち構えてます。
 

浮気者

 投稿者:ひでーえ君メール  投稿日:2017年 7月11日(火)11時03分21秒
  どうも。浮気者らしい、一つごとに集中出来ない性格らしい、今日も富士山の放送を見始めたらドキドキして、良いなー、好きだなー、素晴らしいなー、凄いなーと見入ってしまう、池田さんの本もページによりそんな気持ちになるが理解する事で出来ない所が多すぎて、こんな事人の願っている、平和とか幸せに何の役に立つのかと疑問が生まれて来るとページが進まない、今それでも半分くらい読んだ又じっくり読んで思った事質問します、宜敷く。
「濁れる水も流れつつ澄む」年とともに現代のリダーの支配欲、経済欲に毒されない様に浮気心も押さえて行きたい物です。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1822

 

良い汗かいてますね

 投稿者:ひでーえ君メール  投稿日:2017年 7月 9日(日)16時57分49秒
  名古屋場所始まりました、白鵬の土俵入りを見て「良い汗かいていますね」解説者北の富士山の第一声です、夏場所あの酸素ボンベーからシューと言う音が懐かしくなります五十年前の話です、怪我でサポターの多い力士を見ていますとなんとかならない物かと思う毎場所です。

昨日「西田哲学を読む」動的平衡と絶対矛盾的自己同一、求めて来ました何やら表紙から解らない言葉並んだ本でこれは苦労するぞ思いながら二冊購入して来ました、この言葉から中学校の時、理科の渡辺先生が平衡と波の干渉の事を話したのを思い出し又、如何なる強い剣でも通さ無い楯と如何なる物でも破る事の出来る剣の話を、池田さんや伊田さん善ちや(塚田)さん達と夢中になって話した事を思い出しました、矛盾、矛盾だらけのこの頃です、ドンナ事が書いてあるのか楽しみです、理科で習った平衡と哲学で使う平衡、答え有るのかな面白くなって来ました。

何時読み終わるか又書きます。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1822

 

出版のお知らせ

 投稿者:池田善昭  投稿日:2017年 7月 9日(日)10時28分58秒
  昨年来一年かけて苦労した福岡伸一さんとの共著、昨日、店頭販売になりました。青木さんには、是非、ご覧いただきたいのですが、浜松での販売はどうでしょうか。書名は、『福岡伸一、西田哲学を読む―生命をめぐる思索の旅―』出版社は、東京の明石書店です。  

タガメ

 投稿者:ひでーえ君メール  投稿日:2017年 6月29日(木)17時15分44秒
  映画(ハンフリ?ボガアード主演)NHKプレミアムの
「黄金」終わりチャンネルカチャカチャ、田亀(タガメ)写り遠い昔の事思い出しました、家を出て大樽川に行く左側にある小さな川に流れの淀んだ所が有りそこを覗くと、あの真っ黒な背の赤い腹のイモリが浮き沈みしたり背中に卵のビッシリ背負ったゲンゴロウやタガメ住んでいて飽かずに覗いて、その不思議な生物を名も知らづにあまり好きにもなれず成長しましたほんの50センチ位の浅い流れでしたが飲めるほどの流れだったのですね。
「こころ旅」今山形県新庄に行っています、そこの小さな池でゲンゴロウの幼虫をすくい観せてくれました初めて見ました。火野正平さん高いのは苦手のようですが蛇や爬虫類その他の動物も好きで平気だ蛇等も掴みます、どうも、体温の低いへその無い生き物は今でも好きになれません、皆さんは如何ですか、池田さんの中学校の事でも一つのヒントになりその他の事もいろいろ浮かんで来ます、本や新聞、テレビ等からもヒントをえて楽しい事が浮かんだとき嬉しくなります同級生の電話もあのころの話になるとついつい長話になります、そんな話思い出した事時々書き楽しい掲示板にして行きましょう。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1822

 

遠いは近い

 投稿者:池田善昭  投稿日:2017年 6月17日(土)09時04分10秒
  高橋寛君とも永らくお会いしていませんね。時折、メール交換をすることはありますが・・・。齢八十にでもなると、やたら昔のことなど思い出され、涙ぐむことなどもあります。懐かしいやら、有難いやら、複雑な心境です。高橋君に招かれ米沢で講演したのは十年ほど前になりますが、会えば昔は吹っ飛び十代の若い頃に一挙に戻れる有難さ!この有難さは何物にも掛替えがない。故郷は遠くにありて思うものですが、しかし、最も身近なものでもありますね。伊田さん、今度お会いなされる時には、宜しくお伝えください。  

/169