teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


意地悪老人なのです

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2017年11月 3日(金)09時55分15秒
  昨日は 恒例の祇園をどりを楽しんできました
第二景 夏の月 は 五山の送り火を川床から眺める風物詩でしたが 舞台の背景は 大文字山に掛かる下弦の月でした
殆ど夜明けに 南ではなく真東に昇っている
舞妓や芸妓がこの時間まで 酔いつぶれて踊っていたのでしょうか

http://sky.ap.teacup.com/jishi/779.html

 
 

またも逆さ月が

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2017年 8月17日(木)10時52分3秒
  今度は 婦人画報7月号の「お月見」特集に 広島の三次にある 奥田元栄・小由女美術館 の奥田の作品「紅嶺」が全ページにわたって紹介されていた
紅葉の山に 月が昇り始め 月の欠けた部分が地球照でうっすらと見え 通常ありえない角度で描いた印象的な絵であった
とある
朝日が昇る前に 新月近くの細い月が先に昇るにしては逆さ月だ
通常ありえない角度で描いた とあるのはどういう意味なのかは分からにところで マイクを悩ませてくれます
画像を マイクのブログに同じ内容で載せますの 是非下記URLから覗いてください

http://sky.ap.teacup.com/jishi/779.html

 

久しぶりに逆さ月のことを

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2017年 5月28日(日)22時19分46秒
  このBBSの「またも反転三日月を見付ける」下記URL投稿日:2010年11月10日にもあるように マイクは天文少年だった所為で ギャラリーなどで反転月を見付けては喜んでいる
今日もギャラリー三条祇園で 今尾栄仁個展で 上部が弓状に光る三日月見付けたので 作家さんに指摘した
しかしこの作家さんは 他にも月が幾つかあって 丸い月をとても小さく描いている
視角0.5度より小さいかもしれません
滅多にこんな風に描く作家はなく 訊いて見ると星と月を区別していないとのこと
山と宇宙を重ね合わせたよな作品など 山男でもあったマイクを大いに刺激して頂いた作家さんでした

http://8502.teacup.com/mikestanding/bbs/263

 

歳を感ずるこの頃ですが

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2017年 4月 3日(月)21時53分5秒
  BBSを 随分留守にしています
相変わらずに アートとダンスをエンジョイしています
年甲斐もなくとは思いますが 全くその通りで 疲れを感じていますが 楽しみには変わりがありません
URLもペースダウンのこの頃です

http://mike12.web.fc2.com/dance2.htm

 

天文少年マイクの無粋

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2015年 8月31日(月)22時34分22秒
  マイクは天文少年あったばかりに アート作品に 三日月の欠け具合に間違いを見付けた時に このBBSに書き込んできました
古い書き込みを探してみると 4ページも前の2010年11月10日(水)に 「またも反転三日月を見付ける」があり 2010年10月4日(月)更に3月31日と5月18日と 5年前は連続して書かれている

先週は ギャラリーモーニングで 岡林真由子展 8.25 - 30「水辺の雲を追いかけるようなこと」で 三日月を好んで描かれる作品の中に「月が眠る時間」と言う素敵な作品があった
しかし朝方の東の水平線から出て来たばかりの三日月で もう直ぐ夜が明けるので 目覚めの時間ではないかと作家さんに無粋にも話してしまいました

帰って良く考えると 月は空が明るくなると見えなくなり これから静かに昼寝の時間なのかもしれません
夕方の三日月もまた これから地平線に沈んでゆっくり眠るのかもしれません
 

久しぶりですが 最近のこと

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2014年11月15日(土)12時03分2秒
  折角の線量カウンターは殆んど使わずにいます
線量が高い場所はなかなかありませんし 大好きな天然ラジウム温泉には なかなか行けていません

アートやボランティアについて色々考えたこともありましたが 最近は自死ブログの方に時間がとられ 書き込みの余裕がありません
ダンス公演も11月は6ステージもあり 作り込みや稽古に時間が取られています

それでもなんとか 考えることは変わらず続けたいものです

http://loshocos.jugem.jp/

 

放射線に哲学を

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2013年11月21日(木)11時58分34秒
  暫らく自分のBBSを覗いていませんでした
仰せの通り 放射線の怖さは 見えないことと確立分布的不確定な影響の所為で 認識に甘さが出ます
出来るだけ科学的知識を持つべきですが 物理を学んだ我々でも難しい
先日 八ヶ岳山麓の電波天文台を 物理を50年前とは言え学んだはずの同期生が一緒に見学した時に 皆の知識レベルの浅さにお互い呆れたものです

線量カウンターを買ったからといって 京都では活躍する機会がない
マイクの好きな 京都北白川不動温泉(天然ラジウム霊鉱泉)へは スポーツジムが休みの木曜に行きたいのですが 同じ休みのため 残念にも行っていないのです
ラジウム温泉は あれ以来敬遠されているようで困っているようです

線量計に比べると 呼気アルコールチェッカーは大変役に立っており マイクのHPの「古人のパワー」のページ「私の酒道」でも活躍しています

物理屋は数字に癒せれるのですが その背景をも哲学しておくことを忘れてはいけません

http://loshocos.jugem.jp/

 

放射能の怖さと現実

 投稿者:Tom-J  投稿日:2013年11月 1日(金)18時22分12秒
  私は、ガンマー線の空間線量(ほとんどセシュームから)よりも、内部被爆の方の恐ろしさを知ってもらいたいと思います。政府も空間線量の年間類積算量が10mμSv以下なら安全だと言っていますが、1年以上現地に居る人のトータル線量も気に成るし、それより怖いのは内部被爆です。空中に舞い散る土ほこりにも放射性物質が付着しています。これが肺に入り血液に運ばれ細胞に入れば、細胞が数μ以下の大きさしか無いことを考えると、遺伝子やミトコンドリアが受ける放射線の強さは距離の2乗に反比例するのでもの凄い線量に成ります。生物の細胞は新陳代謝を行なっているので、放射性物質を体外に出すスピードも早いでしょうが、一旦放射線を浴びた遺伝子が狂う確率は、体表面に受ける放射線量とは桁が違います。狂った遺伝子ががん化するのは年齢に依っても異なるし、いま体内被爆を受けたからと言ってもガン化する確率は分布的なので確実にガンに成るとも思えないし、奇形児が生まれる確率も分布的でしょう。でも、内部被爆の恐ろしさは政府も、厚生労働省も言及しません。特に、これから日本を担う若者、子供生む若い女性には内部被爆を絶対に避けてほしいです。年寄りはどうせ早く死ぬのだから、被爆地に戻っても、それはそれで構いませんが、若年層迄、風評危害だと騒いでいる事の内容を知るべきだと思っています。  

線量カウンターを持つことで意識レベルをアップ

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2013年 1月31日(木)22時02分39秒
編集済
  今夕 我が家近くの「然抄花院」ギャラリー企画「一円融合」コヨリをインスタレーションする作家の石田智子展を見て 作品の幻想性に酔い浸った
福島県三春在住のこの作家は 放射線の過剰反応に悩まされている福島を正しく意識されるべくパネル展示するなどもしていた
丁度この日は「NHK610京いちにち」取材のためのインタビューがあり 作家の思いを傍聴できた
真摯なアーティストは作品が出来る社会性の限界を意識しつつ 放射能の誤解を受ける福島の悩みをなんとかしようと懸命に語られていました
マイクへのインタビューもあり 丁度先週見たギャラリー「KUNST」の「いつかの庭」中尾美園個展に刺激されて買った放射線カウンターを持っていたので 作品のことより放射線の市民無知誤謬について語った
これほど真摯な作家に接して マイクもこのカウンターを使って 福島などに対する放射線の過剰反応やな誤解を 正しく判断するよう身近な人たちに啓蒙してゆきたいと思います
 

2000年後のアート

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2013年 1月24日(木)22時18分34秒
  3月5日から30日まで京都芸術センターで 柴川敏之xてんとうむしプロジェクト「2000年後の小学校」PLANET SCHOOLなる企画展が始まります
それに先立ち 作家さんからテスト問題用紙が配られ マイクは今日提出しました

質問①2000年後の世界はどうなっているか
マイクの答え:ヒトは人工生産され 混血と優生保護で 黄色醤油顔の小柄な画一人間ばかり
刺青で識別し合う芸術文化的風俗で生活する
物質的には資源が過去のゴミばかりで 再利用を楽しむことしかできないが そこに芸術を感じて満足するしか生活感はない
地上にはユートピアはいまだ実現せず 生きている間に使えるゴミの量は決まっている
太く短く生きるか 細く長く生きるかの選択飲みが個人に許されている

質問②2000年後の小学校はどうなっているか
マイクの答え:ヒトは生物学的に平等に画一的に生まれるが 年少時代に受けられる教育の内容や量が決められていないし無料だが 受けた分は負債として一生返済の義務がある
教育の質も多様で掛かる費用もピンキリで 太く短くも細く長くも選べるが 顔面に刺青として成績や負債を示す
学校における芸術教育は重要で 個性や能力を刺青で表現することが人生の質を決めルプレゼンテーション役を果たす

芸セン向けのアートを意識した答えになりました
 

到頭 マイクがクラシックバレエに

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2012年11月15日(木)20時03分58秒
編集済
  マイクはコンテンポラリーなコミュニティダンス仲間と活動しています
今年は枚方文化祭・KDE単独公演「天晴れ式」@アバンギルド・草津夏祭り・ディスコイベント@バルウラ・ロスホコス単独公演「オヤジノ秘密倶楽部」@神戸塩谷と続いた
それに降って湧いたように 10月28日には びわ湖ホールBで 「眠れる森の美女」の式典長の大役を経験しました
稲尾光子バレエスクールの全幕3時間の立派な公演でした
クラシックなど無縁のマイクが特訓でなんとかこなしたのではないかと思いますが 自分では判断がつかず 誰彼に聞いても立派な公演を賞賛するのですが マイクの出来について確かめると皆よかったとお世辞丸出しの返事ばかりです
いずれDVDで自己判断するしかありません
年内は明後日の ギャラリー9のオープニングパフォーマンス・ディスコイベント参加・セレノグラフィカの三日間のイベントなどが予定されています
なんとかついて行けるでしょうけれど 老体の自己生命能力の判断指標として マイクは頑張っているのです
それにしてもマイクがクラシックバレエにです!!!
 

アートとして踊らねばならなかった

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2012年 6月26日(火)22時35分42秒
  マイクのダンス仲間のカンパニー「KDE」の単独公演を去年に続いて この22日・23日に 京都ライブハウス アバンギルドで行った
「天晴式」と題して 人生の四季・始期・死期なる式が色々あり そのセレモニーのフルコースをダンスで表現したものです
その中で最長老のマイクは 仲間に生前葬をされると言う設定で ロボットダンスのソロと 仲間一人一人と最後の別れと感謝をするダンスを演じた
多分見る人には何故ロボットダンスと似非社交ダンスなのか分かる筈もないと思うが マイクのサラリーマン時代はロボットでしかなかったが 今は年金でダンス遊びを皆さんのと楽しんでいることに感謝して 生前葬を受け入れたと言うことなのです
一寸コミックな筈ですが お客は全く神妙な反応でやりにくかった
アートダンスを目指すカンパニーとして 見る人に考えてもらえば良いのであって 言葉はいらないと言うのが方針ですので マイクの説明的セリフ要望は拒否されました
加えて京都人は笑いに元々馴染みがない
祇園花月と難波花月の違いのようです
とまれ今回も練習は楽しくはないのですが 本番と打ち上げは実に楽しくやれました
そして8月と9月の公演に向けて 好きではない稽古がもう始まっています
 

太陽面飛行機通過に興奮

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2012年 6月 6日(水)21時31分15秒
  もっと気になる興奮したことが今日ありました
金星が日面通過し始まって直ぐ 天体望遠鏡フィルター直視で観察中に 金星の横 太陽のど真ん中をジェット機が通過した
実に可愛い玩具のような飛行機に巡り合えて興奮した
太陽観察中に出会うこんな確率は確率は1000年に一回どころではないであろう
次の金星通過が105年後だと騒いでいるが これには条件付きであるからなのにそのことには触れないで 素人騙しをメディアは企んでいるし 学者もその仲間だ
気候異変が何年ぶりだとか地震にしても 1000年に1度だと言いながら今日でも明日でも可能性があるかに言ったり 素人騙し共犯者が蔓延る
と言いうマイクも 飛行機通過を見か今日は何かいいことあるに違いないと期待を膨らましたが 興奮しただけで特別のいいことはなかった
 

大変気になります

 投稿者:マイク  投稿日:2012年 6月 6日(水)21時02分57秒
編集済
  天文少年であったマイクは 金環蝕も今日のジュピーター金星日面トランジット通過も 家の前の道路に望遠鏡をセットして観察した
通りすがりの関心のある人に一緒に眺めて楽しんで頂くようにしたのですが 殆どの人は関心がない
我が家の前を国際ホテルや全日空泊まりの外人さんがよく歩いて通られるのですが 皆さん関心を持ってくれます
科学立国産業立国の日本人だと思っていたのに 如何も国際尺八フェスと同じように 無関心な日本人ばかりであるように思いました
それにしても金環蝕を見たフィルターを使った肉眼で 太陽の30分の1のサイズの金星を確認できた人は何割くらいだったのでしょうか
分からずにがっかりした人は相当いた筈なのに メディアは事前のニュースでシッカリ見るべきと取り上げておきながらも そのようなことはどこも話題にはしていません
日本はどうなっているのか どうなるのか 大変気になります
 

些細ではなく気になります

 投稿者:ポコテン  投稿日:2012年 6月 4日(月)22時52分47秒
  5月28日から今日4日まで、「国際尺八フェスティバル」が京都池坊学園・文化芸術会館・府民ホール・明暗寺・芸術センターなどで沢山のイベントが大々的にありました。京都の街中はこの期間、何時もの中国人ではなくびっくりするほどの白人が一杯いたのですがメディアには一切なかったように思います。
街中だけでなく、今日の尺八公演会とエンディングパーティが白人ばかりなのをポコテンは見てしまったので、責任者にどの会場も白人ばかりであったことを確認しました。異様で不思議な感じをしたからです。本当に日本人が5%もいないのです。
国際大会とは言え、尺八世界大会の京都で、なぜ日本人がいないのか。エンディングパーティ参加の日本人に聴いて見たが、色々流派があってではないかとの意見があった。ポコテンは、最後に尺八を科学的に分析された技術講演をされた中村明一さんの尺八とは、ダンスで神戸ジーべックホールでコラボ共演したことがあり、最高にレベルの高い内容をお聞きして興奮しましたが、彼は必ずしも体制の方ではないようなサイトを見てしまった。
流派争いの好きな日本人を政治や芸能分野でよく見るが、今回の国際大会でもそんなことがあったのかは定かではない。真実は如何あれ情けない実態を外国の方たちは如何思われたか、聴いて確かめたかったが、恥ずかしくて出来ることではない。
本当に日本人は恥ずかしい限りです。4年後はプラハでやると言うが、尺八国日本人は如何しようとするのでしょうか。気になります。馬鹿大国日本の恥を見てしまったように思いますが、勘違いでしょうか。
 

些細なことですが気になります

 投稿者:マイク  投稿日:2012年 5月12日(土)23時45分26秒
  何時月の絵を見ると 欠け方の方向(例えば三日月の時は左斜め上が欠けている側になっている)が気になります
立派な作家の作品で 斜め下が欠けている月を描いておられるのを見ると実に嬉しくなり このBBSに何度もしたり顔で書き込んできました
今日は ギャラリー中井の「黒田さかえと仲間たち展」で松井淳風さんの 闇夜に浮かぶ白馬と 左下の欠けた右上が弓状に光る三日月の作品がありました
作家さんには マイクが天文少年であったので 美的感覚でそうされたのかもしれませんが気になることをお話ししてしまいました
グループ展がおおい中井では時々見ることがあって 何時だったかも書き込んだこともあります
著名なゴッホやユトリロの街並みの絵にも遠近法で可笑しなものがある
物理屋としては気になるのですが あまり好ましいセンスではないと自覚してはいますが辞められません
 

アーティストこそボランティアの鏡に

 投稿者:マイク  投稿日:2012年 5月 7日(月)09時32分56秒
  ボランティアがサクラなら アーティストは何か
サラリマンだったマイクには アーティストはギャンブラーに見えるとHPのアート論に書いているが もうひとつの見方は修行僧であり且つ社会に対する奉仕者にも見えます
奉仕者・篤志家つまりアーティストこそ本物のボランティア・フィランソロピストなのです
但し誰でもと言うわけではななく そのようなアーティストこそ本物のアーティストとマイクは手を合わせて拝みながら作品や御本人を崇めます
ビジネスアーティストになったギャンブル成功作家もいますが 大抵は篤志精神が見えず嫌な感じがします
 

ボランティアでなく「サクラ」であるべき

 投稿者:ポコテン  投稿日:2012年 4月19日(木)21時45分34秒
  所詮箱物ボランティアとはそう云うミッションなきものが現状なのです。箱物はサーカス提供の場であり、パンにあり付く満足げな市民になるよう仕組まれたものです。ローマがサーカスとパンで滅びたように、京都も滅びてよいのでしょうか。
サーカス(アート)は文化としての使命があります。パンも経済活動として大事な基本です。パンを多くの人に食べて貰うようにならなければサーカスも栄えません。
ボランティアは、アートを見ながらパンを食べる人を増やすような社会の一員であることを、率先してやって見せる使命があるのです。箱物はそのような人を一人でも確実に増やすための場所であるべきなのです。
ボランティアはそこで「サクラ」としてそれをやって見せるのがミッションです。一般市民にその気を起こさせるのが使命です。ボランティアと言う言葉より、和の言葉で、「サクラ」と言った方がふさわしいと思います。
 

倶楽部継続に意義 しかし

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2012年 3月26日(月)18時36分32秒
  昨日のクロージングパーティで 京都芸術倶楽部の6日間の展示が終わった
最終日のボランティアトークに初めて 藤本由紀夫さんが見えられましたが 最後まで表には出られなかった
また 作家からセンターとボランティアに対して ミッションやあり方を考えるように折角投げかけられたのです
大事なギャラリーを6日間しか許可されなかったにしても 1ヶ月も占拠する機会を得たのに 320人ものボラがいても またセンター職員も トークに参加する人は僅かしかないようでは 十分目的を達したとは言い難く思います
アンチセンター・アンチボラを通す姿勢を示すのが作家の作品であったのかどうか マイクはそう思いたいのですが 多分誰も何も感じてはいないのでないでしょうか
それでもこれから倶楽部を維持することが 作家の意図に応えて少しでも前進するであろうと信ずるしかありません
しかし・・・
 

京都芸術倶楽部発足

 投稿者:マイクスタンディング  投稿日:2012年 3月18日(日)22時23分10秒
  明後日20日より 京都芸術センターのギャリー企画として 今年で3年目になる「てんとうむしプロジェクト」その03展が始まる
題して「京都芸術倶楽部」を立ち上げるべく サウンドアーティスト藤本由紀夫さんがコンセプトメークしたもので 実質ボランティアが自発的実施するように仕向けられて ボランティア有志が実行委員となって6日間自主自発で開催することになりました
マイクもトークを10件以上提案しましたが 茶会「いっぷく」と5人のゲストとの対談だけが許されました
スケジュールと内容は
http://www.kac.or.jp/bi/996
の通りです
一番したかったのは 2012年に藤本さんの個展のレセプションで 当時市美の学芸課長の篠さんとのトークで アンチセンター アンチボランティアを発言されたトークのその再現でしたが 如何いう経緯か無くなってしまいました
通常企画の展示期間4週が この3月は只の6日だけに限られたのも訳ありのようです
センターを愛する者として センターに対して期待することと ボランティアも如何あるべきかをこの期間に考えるチャンスがやっと来たことを嬉しく思います
やってみてやっぱりお上の箱物の変わらぬ実態を実感す人が少しでも現れればと思いますが 去年の綱渡りプロジェクトの最後と同じく 何事もなかったように終わる可能性があります
そんなことのないようマイクは心して頑張ります
 

レンタル掲示板
/16