teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:26/138 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

椿わびすけ日記5月号

 投稿者:ハンナメール  投稿日:2008年 4月29日(火)21時21分24秒
  通報
  なごみ5月号が手元に届きました・・いつもようにまず最初にページを開くのが
「椿わびすけ日記」です。

題は「茶柄杓に託された参禅の師の教え」

ある日の公案・・
「寒熱の地獄に通ふ茶柄杓も、心なければ苦しみもなし」
師匠は最後の句がダメじゃ。その一句を入れよ、と。

あるがままの釜の煮えの様子を最後の句におきかえて、この公案は透ることが出来たのでした。茶道を志す気持ちが固まったのも、この頃だったと思います。

わびすけ先生の最後の一句お聞きしたいと思いました。

公案・・・辞書で引いてみました。
禅宗で、修行者が悟りを開くため研究課題として与えられる問題。優れた修行者の言葉や事績から取られており、日常的思考を超えた世界に修行者を導くもの。

http://web.thn.jp/tokoan-1/

 
 
》記事一覧表示

新着順:26/138 《前のページ | 次のページ》
/138