teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:らくがき庵メール  投稿日:2007年 3月13日(火)15時09分54秒
  500000回おめでとう御座います。
狙いを定めておりましたが、外れました。

http://www10.ocn.ne.jp/~mk123456/

 
    (管理者  椿 わびすけ) らくがき庵様 いつもお心にかけて頂きありがとうございます。キリバンをお忘れになったまま踏まれていたのかも知れませんね。結局どなたからも50万回のお申し出はございませんでした。前後賞でもと思ってましたのに残念です。らくがき庵様のサイトのご発展をお祈りいたしますね。  
 

500000のキリ番はどなたに?

 投稿者:椿 わびすけ  投稿日:2007年 3月13日(火)12時11分50秒
  ぞうべ様がゲットされた画像をアップいたしますね。500000の方は是非お知らせくださいませ。ぞうべさんからのお知らせメールをご披露いたします。


椿わびすけ様、カウント50万ちょうどを目指してちょくちょくと覗いておりましたが、残念ながら500003でございました。
以上ご報告いたします。   ぞうべ

*****

わびすけ
「499939」 2007,3.12 PM:11:00  「499957」 2007,3.12 AM:01:20
このまま、私はうっかり忘れておりました。先ほどぞうべ様からメールをいただき、あわててカウンターを見た次第です。ああ、お恥ずかしい。
今、500042です。2007/3/13 11:55

http://tsubakiwabisuke.cocolog-nifty.com/rendezvous/

 

お久しぶりです!

 投稿者:popyu  投稿日:2007年 3月 6日(火)22時58分9秒
  わびすけ様&皆様

ご無沙汰致しております。如何お過ごしでしょうか?
キリ番、楽しみですねぇ!ゲット出来るかなぁ~とちょっと期待!

京都はもう春なのでしょうねぇ。こちらも随分と春の気配が感じられるようになってきました。芽吹きも発見しました!
最近もよくリス君に会いに行っています。色々な表情を見せてくれるのでとっても楽しいです。先日も写真を撮っていたら目が合ってしまい、「見たなぁ~!」と言われているようでした。(^_^;)
 
    (管理者  椿 わびすけ) popyu様

なんとも愛くるしいリスくんですねえ。写真のテクニックがプロに向かって邁進中という感じです。あなたの未来に拍手です。ん?リスのおかげだぁ~。といってもおっかけの苦労が並大抵ではないでしょう。身体に充分気をつけてくださいね。
 

冬期講習会

 投稿者:ハンナメール  投稿日:2007年 2月28日(水)15時10分10秒
  毎日が緊張の連続でしたが業躰先生から直接手取り足取りご指導いただき感謝です・・
21日初めて兜門をくぐった日を忘れないようにしたいと思います。閉講式での家元様のお言葉・・講習会を受講して誇りを持ってもおごらないように謙虚な気持ちで故郷に帰るように・・身にしみました。ココログで利休御祖堂の写真拝見し暗くてあまり良く見えなかったのでうれしいです。

http://web.thn.jp/tokoan-1/

 
    (管理者  椿 わびすけ) ハンナ様、冬期講習を無事終えられましたことおめでとうございました。この次は夏期講習ですね。こちらも是非チャレンジされますようお祈りいたします。ココログのほうに書き込んでくださるかと心待ちにしてましたのよ。ここは画像の投稿用にご使用いただければと。あちらでもお待ちしてますね。  

ドラちゃんファンより

 投稿者:ぼいやれ  投稿日:2007年 2月26日(月)17時25分40秒
  わびすけさま 皆さま こんにちは
表紙評論家のぼいやれです^^;
ドラちゃんの後姿に見とれてしまいました。頭の形がなんともウルハシク。お耳のあいだをこちょこちょしたくなるのは私のいけない癖です。私の犬は好きでしたが、嫌がる猫さまもあるかと。しかし、ああっ、触りたい!
 
    (管理者  椿 わびすけ) ぼいやれ様、ドラは仕合せ者です。ご遠方の方からこんなに魅力的なエールを送っていただけるのですから。猫って触りたくなるのが自然ですし、かれらも喉をゴロゴロさせて喜びを表してくれます。おなかだけが異常に膨らんでいきますが、この子はちゃんと飛び石を踏んで庭を歩くんです。そのショットを表紙に出してご覧頂きましたの。ありがとうございます!  

漱石先生のマネキン

 投稿者:あきら  投稿日:2007年 2月 7日(水)22時08分49秒
  わびすけさま、書き込みは本当に久しぶりで、ご無沙汰しております。
漱石先生の「夢十夜」が映画化され、現在公開中なのはご存知かと思
います。映画の公式ページにもそのことは書かれていたのですが、漱
石先生のマネキンが制作されて、房之介さんが対面なさったとのこと。
asahi.comさんの記事も出ておりましたので、貼らせていただいてお
きますね。当地ではまだ公開の期日が決まっていないのですが、たの
みにしております。
http://www.yume-juya.jp/ 映画公式
http://www.asahi.com/culture/update/0206/002.html asahi.com

http://www.geocities.jp/wakako2001jp/index.html

 
    (管理者  椿 わびすけ) あきら様、ご紹介のサイトをたのしく拝見いたしました。映画のほう、その後ご覧になれましたか?漱石別館のBBSに以前は書き込んでくださって大変有益な情報をありがたく受けていました。これからもよろしくお願いしますね。  

関健一写真展 歪んだ真珠

 投稿者:まさじ  投稿日:2007年 2月 7日(水)11時07分6秒
  > 東京でお出かけになられる方々には立ち寄っていただけたら嬉しく存じます。
> 京都からわびすけはご盛会をお祈りしています。

関健一さんが写真展を開いていることを知り行って参りました。
日曜日に立寄りましたら休館で、最終日の昨日再度という相変わらずのドジをやってしまいました。

今回の個展では56枚の歪んだ真珠の力作を出展なさっていました。
私には歪んでは見えなかったですが・・・

関さんの了解を得てスナップを数枚撮らせていただきました。
そのなかの一枚です。

わびすけ様はご存知でしょうが中央にいらっしゃる方が関さんです。

http://masaji.at.webry.info/

 

お久しぶりです★

 投稿者:かばさわ  投稿日:2007年 2月 6日(火)18時08分25秒
  こんばんわ☆久しぶりに来てみると、返事が書いてあってうれしかったです♪
しかも、スライドショーまで★お恥ずかしいですわ(///)
わたしは月に一度、祖母に手紙を書いています(^^)やはり、手書きだと心がこもってる
感じがして、私は好きです♪年賀状もいつも手書きです!
そう、最近の出来事は成人式を横浜アリーナでしたことと、海外研修旅行として
パリに行ってきました★わびすけさんは行った事ありますか?
素敵な国でした。異国って何でこんなにおもしろいんでしょうね!!
スーツケースを買ったので、どんどん旅に出ようと思います。どこか、ここは行ったほうが良いって場所ありますか?あったら、教えてください!画像は、また後日送ります。
では、また!!
 

おじゃまします

 投稿者:挿絵描き  投稿日:2007年 2月 5日(月)10時53分3秒
  椿わびすけ様
お久しぶりです。
先日、銀座の猫グッズ展に出品することになり、この機会にと新作の絵葉書を作りました。
是非ご覧頂きたいと思いまして、メールしようと思ったのですが・・・。
メールアドレスが・・・。
見つけられませんでした。(^^;)
お手数で申し訳ありませんが、もしよろしかったら、ご送付先をメールしていただけませんでしょうか?
よろしくお願い致します。
掲示板にこんな書き込みをして申し訳ありません。
 

関健一(せきけんいち)写真展

 投稿者:椿 わびすけ  投稿日:2007年 1月29日(月)12時53分9秒
  みなさま
拙サイトのゲストギャラリーや「カメラさんぽ」に作品を出展されている著名なプロ写真家・関健一さんの個展が開催されます。ここにご案内させていただきます。
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/professional/photoSalon/2007/p20070131_1.shtml

テーマは「歪んだ真珠」、これはバロックを意味します。会場に流れるバックミュージックもバロック音楽の曲だそうです。

みどころ
 女性の写真を、ヨーロッパや日本の風景や建築、路傍で見つけたマテリアルなどと合成したキュービスムやシュールレアリスムなどの絵画を思わせるビジュアルの作品です。普遍的な女性美を追求するとともに、日本人が持つ西欧的なものに対するあこがれと、伝統的な日本美に対する懐かしさが表現されたこれらの作品は、作者の直感と想像力を形にした魅力ある作品に仕上げられています。デジタルの進化により写真表現の尽きない可能性を感じさせ、見る人の制作意欲に刺激を与える写真展です。
出展予定点数カラー約50点

東京でお出かけになられる方々には立ち寄っていただけたら嬉しく存じます。京都からわびすけはご盛会をお祈りしています。

http://tsubakiwabisuke.cocolog-nifty.com/rendezvous/

 

ご無沙汰しています

 投稿者:tktメール  投稿日:2007年 1月25日(木)08時48分51秒
  わびすけさんの記憶の片隅に、私のことまだ残っているでしょうか?
胃を半分切り取り、生死の境をさまよいましたが、まだしぶとく生き残っています。
いつの間にか古希を過ぎてしまいました。

昨日、近所の文化センターに行ったとき、「椿園」という名札を見て
きゅうにわびすけさんのHPを思い出しました。
検索してお伺いしてみると、あいかわらず品格があり、
優しさにあふれたサイトに、交流があった当時のことが思い出されます。
コンテンツが増え、一日では全部見ることは不可能な量ですが
別館も含め、ゆっくりと拝見させていただきます。

これからのご健康と、ますますのご活躍をお祈りしています。
 
    (管理者  椿 わびすけ) tkt様

漱石別館には今も tktさんのご投稿と貴重なお写真が展示されております。
みなさまにご紹介いたしますね。文字数制限がございますので二度にわたって書き込みます。

椿わびすけ別館-夏目漱石 画像掲示板  夏目 漱石
http://mav.nifty.com/ahp/mav.cgi?place=tsubaki-wabisuke&no=8436


119 漱石館(旧前田案山子邸別館) -tkt(tkt@kumin.ne.jp) 2003/01/07 05:42 (82K)[コメントする][削除]
 

祝 Janjan編集部賞受賞

 投稿者:ぼいやれ  投稿日:2007年 1月22日(月)16時43分21秒
  遅まきながら、クローデルと日仏会館の御記事でのご受賞おめでとうございます。
わびすけさまには、今年も各方面からご活躍の期待が寄せられてらっしゃるのですね。
ますます遠い(エライ)方になってしまわれて・・・^^;
同館は、趣のある洋館に惹かれて立ち寄って以来、知人のいない京都でほっと一息つける場所でした。きれいな写真を拝見して大事にされているのに安心いたしました!
 
    (管理者  椿 わびすけ) ぼいやれ様

この日仏会館によくいらしたとお聞きしてとても嬉しいです。フランスの香りが漂うステキな空間ですよね。今度ご帰国の際はぜひここでおももじしたいものです。私はもう活躍などということは遠く世の中の恩恵によって生かされているような存在に過ぎません。ぼいやれさんこそこれからのご活躍が期待されるお方です。
 

ようよう白くなりゆく山際より

 投稿者:ぼいやれ  投稿日:2007年 1月 8日(月)17時54分8秒
  謹んで新春のお喜びを申し上げます
美しい日本の心 忘れずに
本年もどうぞよろしくお願いいたします
 
    (管理者  椿 わびすけ) フランスではなくことしは里帰りされて日本のお正月を楽しまれたのでしょうか。源氏物語を愛されるぼいやれ様
お嬢ちゃんが佛日の架け橋となられる女性に成長されることを今から楽しく夢見ております。拙サイト源氏の訳では本当にお世話様になりました。ポールクローデルの記事で小さな受賞をしましたの。ご笑覧いただければ嬉しいです。
http://www.janjan.jp/column/0612/0610203054/1.php
 

今年も宜しく

 投稿者:宗由メール  投稿日:2007年 1月 7日(日)20時12分42秒
  明けましておめでとうございます
 先生もお変わりなくご活躍 遠くから拝見しています。
今日もHPのお写真で急遽七草粥で夕食を楽しみました。
季節を感じる事を少しでも多く経験して行きたいですね。

 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

http://members.jcom.home.ne.jp/souyu/

 
    (管理者  椿 わびすけ) お久しぶりですね。
畑のお野菜をいつでも採取できて調理される方はおえらいですね。ますます頑張ってご活躍いただきますよう!
 

いつもありがとうございます

 投稿者:みほ  投稿日:2007年 1月 5日(金)01時27分6秒
  あけましておめでとうございます。
いつもHP上で素敵なお写真やお話を拝見させていただいております。
今年も楽しみにいたしておりますので宜しくお願いいたします。

私は銀閣寺参道近くのある事務所に勤めております。
事務所の先生と奥様は小川流のお煎茶をされています。
茶道のかたちこそ違いますが、同じ茶道文化、和の芸術の世界。
今年は裏千家茶道の勉強ももちろんですが、お煎茶の世界を覗いてみようかと考えております。
 
    (管理者  椿 わびすけ) ご挨拶ありがとうございました。承りますれば同じ市内にお住まいなんですね。どこかできっとすれ違って通り過ぎているのでしょうね。小川流のお家元は文人でいらして「和の学校」の理事もされていますね。漱石について短文をお書きになっていたのが印象に残っています。煎茶もお抹茶も両方たしなまれるのは少ししんどいかもしれませんね。ことしはここで沢山書き込んでくださいね。期待してます(^。^)  

初春

 投稿者:ハンナメール  投稿日:2007年 1月 2日(火)20時01分19秒
  あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
「椿わびすけの家」のますますのご発展と先生のご健康をお祈りいたします。
年末年始で広島・宮島・倉敷と家族旅行をしました。天候にも恵まれ良い思い出になりました。

http://web.thn.jp/tokoan-1/

 
    (管理者  椿 わびすけ) ハンナ様
雄大な風景写真ですこと。じいっと眺めていますよ。こんな素適な家族旅行ができれば最高ですね。わが家は18歳猫がいますので無理なんです。有難うございました。
 

謹賀亥年

 投稿者:まさじ  投稿日:2007年 1月 2日(火)06時16分22秒
  椿わびすけ様、皆々様

まさじです。
明けましておめでとうございます。
本年もお旧年同様よろしくお願い致します。

まさじの年賀状です。
今年は亥に期待したいとの願いで作りました。
題は「イノキントリノ」とでも・・・

http://www5e.biglobe.ne.jp/~masaji/special/nycard2007/inobauer.html
または
http://masaji.at.webry.info/200701/article_1.html

http://masaji.at.webry.info/

 
    (管理者  椿 わびすけ) まさじ様にはお元気でよいお正月をお過ごしのことと存じます。たのしい年賀状拝見いたしました。URLよりやはり画像のほうが訴える力が、、、と書いてここらで止めておきましょう(#^.^#)  

年末のご挨拶

 投稿者:さんご  投稿日:2006年12月30日(土)00時19分41秒
  椿 わびすけ先生
年の瀬も押し詰まりまして何となくあわただしい気分です。明日になりますと子供や孫達が押し寄せて忙しくなります。今年も先生のホームページをいろいろと拝見してとても楽しくお勉強をさせていただきました。本当に有難うございました。来年もなにとぞ宜しくお願い申しあげます。
写真は我が家に咲いているわびすけ椿(天倫寺月光)です。
 
    (管理者  椿 わびすけ) さんご様

年末のご挨拶をいただきまして恐縮でした。よい新年をお迎えになられたことと拝察しております。
暖かいせいで椿も早く開きますね。また初釜のお写真も楽しみです。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

初めて投稿します。

 投稿者:NANAメール  投稿日:2006年12月22日(金)04時27分2秒
  以前より拝見させていただいております。
私もかれこれ茶道を嗜む様になってから10年がたとうとしています。
でも精神的な不具合にちょくちょく見回られて
おぼつかない気のきかない所がまだまだあって…。
今習っている先生も素敵な方ですが わびすけさんのコメントにも奥深さを感じられ
とても参考にさせていただいています。
これからもちょくちょく拝見させていただきますので
お茶の世界の奥深さ、みたいのを教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
 
    (管理者  椿 わびすけ) NANAさん、ようこそ!
どちらにお住まいでいらっしゃいすか。最初の方は簡単な自己紹介をどうぞ。
>お茶の世界の奥深さ、みたいのを教えていただけると幸いです。

忍耐が大切でしょうね。静かに注意深くものを見る、考えることもね。お稽古が楽しくなるように頑張ってください。
 

リンクのお願い

 投稿者:まーメール  投稿日:2006年12月20日(水)21時05分50秒
  はじめまして。
突然失礼いたします。
mixiのコミュニティーで知り(mixiではkutibueと名乗っています)、時々お邪魔させていただき茶道にも猫にも癒されております。ありがとうございます。
田舎に住む茶道好きの私、小さな日記ブログを書いておりますがリンクさせていただいてもよろしいでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。
昔の写真ですが、富士山と向こうに見えるのは伊豆半島です。

http://blog.drecom.jp/indokaradokokahe/

 
    (管理者  椿 わびすけ) まー 様
ようこそいらっしゃいました。こんなにお返事が遅くなってすみません。あなたのサイトも拝見させていただきましたよ。写真もステキですね。リンクはどうぞ!私のサーチ伝統文化コミュニテイでこちらもリンクしておきましょうね。また書き込んでくださいませ。
http://tubakiwabisuke.cool.ne.jp/cgi/yomi.cgi
 

春日若宮おん祭

 投稿者:さんご  投稿日:2006年12月17日(日)22時26分24秒
  12月も半分過ぎてしまい何となくあわただしい気分になってまいりました。
春日若宮おん祭は古都奈良の一年の最後を飾る伝統行事です。中でも17日のお渡り式は、平安から江戸時代に至る古式ゆかしい時代行列が奈良の町中を練り進みます。今日は冬にしては暖かい天候で大勢の見物客が押し寄せてカメラのシャッターもなかなかお大変でした。
下の写真は近鉄奈良駅の近くで撮ったものです。
 
    (管理者  椿 わびすけ) 春日若宮おん祭、由緒正しいお祭りの写真を有難うございました。近鉄奈良駅の近くで撮影されたとは思えませんね。何枚でも貼ってくださって結構ですのよ。さんごさんのお写真は以前からファンですし。  

お邪魔します★

 投稿者:かばさわ(20)  投稿日:2006年12月 9日(土)17時43分23秒
  遊びに来るの遅くなって、ごめんなさい(><)
ここでは、わびすけの名前で通ってるんですね!!

先日は高輪PHに遊びに来てくださってありがとうございます♪
本当、このお仕事は私にとって天職ですよ!
高輪の宣伝よろしくお願いします!(笑)
また、わびすけさんにお会いするの楽しみにしてます★
 
    (管理者  椿 わびすけ) 可愛らしいベル係りさん。
>本当、このお仕事は私にとって天職ですよ!
高輪の宣伝よろしくお願いします!(笑)

18才と仰ってましたね。専門学校もいい勉強でしょうが、自分で手紙の書き方や文章作りなど勉強してくださいね。書き込みもその意味ではあなたの為になりそう(^_^)。スライドショーのあなた可愛らしいですね。
http://wabisuke.la.coocan.jp/2006.12sosekiki.html
 

元禄光琳模様Vol.2

 投稿者:ぞうべ  投稿日:2006年11月24日(金)13時04分0秒
  椿わびすけ様、お体の具合はいかがですか。お見舞いもうしあげます。でも公演は、来年の1月です。それまでには万全の体調で、よろしければご覧ください。  
    (管理者  椿 わびすけ) 来年の1月に、できれば行きたいものです。ご親切ありがとうございます。  

楓の棗

 投稿者:さんご  投稿日:2006年11月15日(水)13時24分41秒
  光悦会のスライドショーを楽しく拝見させていただきました。鷹が峰の紅葉とともに参加された方がたの美しい和服にも見とれました。
私方でも14日にささやかな炉開き茶事をいたしました。お料理もみんなで持ち寄り、私はご飯とお味噌汁と簡単な煮物椀を作りました。幸いお天気もよく楽しい一日となりました。
下の写真は当日の棚とお棗です。棚と水指は嫁のおばあちゃんの遺品で、赤松の木で作られた棚で金襴手の水指もこれにつけていただいたものです。棗は蓋が黄葉で下が紅色の楓でわりと深い色合いが気にいって買ったものです。ささやかな道具でお恥ずかしいですが・・
 
    (管理者  椿 わびすけ) さんご様
お嫁さんのご実家のお道具も取り合わされてさんごさんのやさしさが伝わります。それにいいお棗ですねえ。さんごさんのお弟子さん方もどんなにか楽しい一会だったことでしょう!師弟同士の持ち寄りのご馳走もほほえましいです。皆さんのお写真も拝見したかったですね。
 

元禄光琳模様。

 投稿者:ぞうべ  投稿日:2006年11月11日(土)14時01分35秒
  椿わびすけ様、皆様ご無沙汰しております。当世はやりのブログの方へ皆様が行ってしまわれるので、ここ談話室は閑散とした状態。そこでわがA市が来年1月に挙行する、初の「近松賞」受賞作品の保戸田時子氏作、宮田慶子氏演出による「元禄光琳模様」をご紹介いたします。不祥事でも名をあげたわがA市ですが、文化的にはすこしはお役にたっていると思います。それは近松門左衛門のお墓が市内にあることから、平成12年に、次代の演劇界を担う脚本家、劇作家を育成するという目的で「近松賞」を創設しました。財政難の折から一時は廃止の声もありましたが、今に続いています。MOAお茶会にご出席されたわびすけ様のブログにも登場する尾形光琳、元禄の美を見極め、茶道、能楽をはじめ琳派という画風をも確立した彼の生涯を描きます。光琳に太川陽介、乾山に大沢健、使用人・さんに岩崎良美、妻・多代にかとうかず子さんというキャストです。来年の1月18日から21日まで市内のピッコロシアターで上演されます。前売り券はただいま発売中とか、東京でも公演されるようです。まずはお知らせまで。失礼しました。  
    (管理者  椿 わびすけ) ぞうべ様
尼崎のこのいい催しも21日で終わったようですね。このお書き込みを拝見してよほど都合をつけて観劇に行きたいと思ったのです。でもその頃から胃腸炎になり外出はアウト。医院でお薬を貰ってますが長引くかもしれません。友人は3日間で治ったと言ってましたが。どうも流行っているウィルスのせいみたいです。
光琳、乾山と魅力的な人物ばかり、見たかったです!!でも、ぞうべさんのニュースがよい刺激剤になって早く元気になれそうですわ。有難うございました。
 

地下台所

 投稿者:ハンナメール  投稿日:2006年11月10日(金)22時37分20秒
  二条新町には地下にも食事をする場所があります。今回私も始めて知りましたがその奥に
台所があります。先生は玄関をはいってすぐのお席だったのでは・・・地下のお席は2席しか使わなかったようです。腰痛大丈夫です。ご心配掛けました。

http://web.thn.jp/tokoan-1/

 

MOA茶会

 投稿者:ハンナメール  投稿日:2006年11月 7日(火)15時37分34秒
  4・5日とお茶の先生からたのまれての点心のお手伝いに二条新町の地下台所におりました。1日10席とか水屋はすごく忙しく朝9時から5時まで立ち通しで器の洗い流しも多く腰痛になりました。でも私のお手伝いした点心を先生が召し上がったのですね。感激です。

http://web.thn.jp/tokoan-1/

 
    (管理者  椿 わびすけ) ハンナ様
そうした事情はまったく存じ上げませんで、皆さまの蔭のお力に今あらためて思いをいたします。腰の痛みは辛いものです。中腰になってする仕事が筋肉を傷めるのでしょうね。
当分は休養されたほうがいいと思いますよ。それから>二条新町の地下台所
とお書きになっている場所がよく分からないのです。私達が点心を頂いた場所でしょうか?ハンナさまが洗われた器だったからですね。美味しゅうございました。
 

文豪の装丁

 投稿者:あきら  投稿日:2006年10月27日(金)15時53分25秒
  わびすけさま、すっかりご無沙汰してしまい失礼しております。

本日NHK教育にてPM10:00からの「美の壺」という番組で、漱石先生の装丁について触れられるようです。短い時間だと思いますが、気がむかれましたらご覧下さい。
昨日本やで「漱石のたくらみ」(http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480823581)という本を見つけました。しばらくは積んでおくことになりそうですが、帯に「明暗」最終解決!と銘打たれていてたのしみです。

http://www.geocities.jp/wakako2001jp/index.html

 

久しぶりのお茶会

 投稿者:ぞうべ  投稿日:2006年10月22日(日)19時05分24秒
   椿わびすけ様、皆様、ご無沙汰しています。今日は大阪へ久しぶりにお茶会へ行ってきました。私には、わびすけ様の他にもうお1人お茶の先生がおられます。(門弟でもないので「先生」というのはおかしいのですが・・・)なかなかの行動派で海外旅行やスキーにもたびたび出かけられます。ご自分で茶の湯のサークルをされており、今日はその「お稽古茶会」だったというわけです。午前中に着きましたが、男性ということでまた正客に座らされてしまいました。こうなるともういけません。お菓子をいただくときも箸先をふかずにもどしたり、汗たらたら。先生はお気楽にねとおっしゃってくださいましたが・・。次客のご婦人はお茶の先生と思いますが、きっと目をまるくされていたはずです。床の掛け軸には「時雨洗紅葉」、香合は先生が海外でお土産に求められたマンゴスチンをかたどった小さな石製の蓋物(銅でできているようでした)。お菓子も買ったものでなく手作りで紅葉をあらわすものでした。帰り際に先生が「お忙しいのに遠いところをお越しいただいて」とおっしゃってくださいました。以上、顛末記でした。  
    (管理者  椿 わびすけ) ぞうべ様

私のほうはここ暫くPCが使用できない状態でした。お返事も遅れ更新もないままにのんびりとした時間でした。

>私には、わびすけ様の他にもうお1人お茶の先生がおられます。(門弟でもないので「先生」というのはおかしいのですが…)

あら私などでもそう思ってくださるのですか。有難いことです。ぞうべさんは心あるお客として席主の先生もお慶びになったと思いますよ。
 

双子のコスモス

 投稿者:まさじ  投稿日:2006年10月20日(金)02時15分20秒
  秋真っ盛り、コスモスが見事ですね

ところで、双子のコスモスを発見しました。

写真で、四輪のうちの内側の二輪です。
このようなコスモスは今まで見た記憶がありません。

ですから「双子のコスモス」と名付けました。

*クリックで拡大されます。

http://masaji.at.webry.info/

 
    (管理者  椿 わびすけ) まさじさん
あざみ1輪に蛾が留まっている画像を今PCの壁紙に拝借しています。
コスモスも黒地ノバックにを考えたのですがこちらにしました。

>ところで、双子のコスモスを発見しました。

これは障害があったマイノリティということでしょう。人間の場合なら問題になりますね。
 

レンタル掲示板
/5