teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 日紡貝塚(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


世界選手権の権威

 投稿者:カルバハル  投稿日:2018年10月18日(木)21時03分45秒
  残念ながら下がってますが一つだけ古い文献から男子世界選手権の第一回大会は1949年にプラハでありました。女子の世界選手権の第一回大会は1952年やはりモスクワは第一回大会です。いずれも優勝はソビエトです。ここまでは、だいたい調べると判りますが、実は1945年に女子だけ世界選手権オープン大会がプラハで開かれて優勝は、やはりソビエトでした。男子の方が歴史が長いと思ってましたが実は女子の方が歴史があります。少しは世界選手権のタイトルの権威は、上がったでしょうか?由緒正しい歴史ある大会なんですよ。勿論、日本は参加してません。まだ九人制の時代です。オリンピックやワールドカップは日本は6人制が主流に、なってから出来た大会ですが世界選手権は歴史と伝統のある大会です。TBS球技大会になってしまったのは残念です。  
 

86年世界選手権

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年10月11日(木)22時09分10秒
  から何と無く安っぽい印象を受けましたが・・・もうあれから32年も経つんですね。  

世界選手権も

 投稿者:まあ、いいか?  投稿日:2018年10月11日(木)11時56分44秒
  権威が落ちましたね。  

最終予選にて

 投稿者:久しぶり  投稿日:2018年 9月26日(水)23時12分32秒
  東ドイツに破れてソ連がそこで切符を取ったのですよね。。。

日本はA組でよかったですね。
9月27日は運命の、そして日本女子バレーが実質的に散った日ですね。
あの最終局面で丸山由美のホールディングを取るとは。
新聞でも、主審も観客の執拗なアンチ日本の雰囲気に呑まれてしまったのかも
しれないとありました。
本当に終わってしまったのは、三位決定戦の相手が中国に決まった時なんでしょうね。
 

久しぶり 様へ

 投稿者:小姑  投稿日:2018年 9月25日(火)19時32分12秒
  ソウル五輪はアメリカは切符がてっきりあるのだと思っていました。
私はロスで中国が優勝してソウルの出場権獲得、86年世界選手権は中国が
優勝でしたので、2位のキューバがソウル五輪の出場権獲得、
アメリカはノルセカの大会で2位でもソウル五輪のチケットはあると認識していました。
確かヨーロッパ選手権でソ連は確か東ドイツに負けたので
ソウル五輪の切符はなかったんですよね。
そこにキューバのボイコットがあったので、
OQTをしてソ連とブラジルに出場権が廻ってきたと、
30年間ずっと思っていました。
しかしこの時期になるとソウル五輪と91年のアジア選手権は思い出します。
今日はソウル五輪の運命の韓国戦の日ですね。
27日が事実上、メダルがなくなったペルー戦。
なぜか強烈に覚えています。
週末から始まる世界選手権もこういう風に何十年経っても思い出すような
インパクトの強い大会になってもらいたい…ところです。

 

真鍋監督

 投稿者:久しぶり  投稿日:2018年 9月20日(木)03時26分44秒
  全面的に称賛はしていませんが、時代の趨勢をよく考えたプランを練り、
選手が自分で考えるようにできるようにしたのは大きな功績だと思います。
選手の選抜もしかりで。
だから木村沙織が一皮むけたり、山口舞、新鍋理沙、江畑幸子らが活躍
できたのかもしれません。
連投すみませんでした。
 

ソウルオリンピック

 投稿者:久しぶり  投稿日:2018年 9月20日(木)03時20分12秒
編集済
  結局、ソ連に自信をつけさせてしまいましたね。
日本の勝利も結局はメダルにつながらなかったのが残念です。
そして日本がメダルを取っていれば、その後の勢力地図はまた変わった
ものになっていたかもしれません。
日本も斎藤真由美をはじめとした有望若手も今よりもずっとたくさんいましたし、
強化の一貫性のなさも、米田監督に振り回されて低迷傾向が加速することも
もしかしたらなかったのかもしれません。
やはりペルー戦は日本の灯が消えた瞬間だったように思います。
東ドイツが韓国に勝ち(実力的には妥当)、ソ連が予選落ちしていれば
日本はメダルが取れたかもしれないとも考えてしまいます。

2010-2012年、2014年中盤頃まで、わずかながらいい夢をみさせていただけるとは
思いもしませんでしたから。
残念ですが、中田久美率いる「末期がん」の状態の全日本を、そして迎える
東京五輪での最期を看取るのはさびしいものです。
まずは中田久美、この女がいなくなってほしいものですが。
 

30年前の今日

 投稿者:久しぶり  投稿日:2018年 9月20日(木)02時58分3秒
編集済
  日付が変わって9月20日 ソウルオリンピック女子バレーボール開幕日
日本が、ソ連とのすさまじい激闘の末に勝利した日です。
序盤から大当たりで第一セットのスコアは15-2。まるでソ連をきつねにつままれたかの
ような状態にした大林素子、要所での廣紀江のブロック、持久戦に強さを発揮した佐藤伊知子、
ここぞという最終局面で執念のプッシュを決めた丸山由美、各セット出場で期待以上の
働きをみせた高橋有紀子など。
すばらしい試合でした。ペルー戦の惜敗が本当に悔やまれます。
その後は長き冬の時代に突入。真鍋監督で、「小春日和?」が来るのですが、今や極地へ
落ちる勢いで、もう女子バレーの終焉は見えているのが、とても無念です。

話は変わり、予選B組の当初の出場国は中国、キューバ、ペルー、ブラジル。
2年前の世界選手権のメダル国が集った死のリーグでしたが、友好国である北朝鮮に
気を遣ったキューバが不参加で北米大陸選手権2位のアメリカが出場することになります。
もしキューバが出場していたらどうだったでしょうか?

・キューバは負ける可能性があるのはペルーのみで、中国に負けることはなさそうに
思います。三つ巴になりセット率争いで負ける以外は、予選通過は最も確実だった
ように思います。
・しかしなんだかんだいってもペルーが接戦を制し3勝全勝で首位突破だったでしょうか。
逆にブラジルに最も足をすくわれて1敗を食らいそうなのもペルーのような気がします。
中国戦も第5セット9-14まで追い詰められていましたから、2敗もしくは全敗の可能性も
なきにしもあらずか。
・中国はブラジルに取りこぼすことはなさそうですが、キューバには勝てなかったと思います。
首位通過は可能性はありますが通過するとしたら2位通過、予選敗退もあったかもしれません。
中国のドーピングに関しては、まあ皆様のご察しどおりなのでしょうね。

1991年、アジア選手権の大一番、勝利した準決勝の韓国戦もくしくも9月20日なんですよね。
 

20世紀最優秀女子選手について

 投稿者:K I  投稿日:2018年 9月19日(水)14時32分37秒
  今更、こんな初歩的な質問で申し訳ありませんが女子の20世紀最優秀選手賞はミレーヤ・ルイスではなくレグラ・トレスが受賞したのでしょうか?
この賞を受賞したことによりトレスは燃え尽き症候群に陥り現役引退が早かったという声があります。男子がカーチ・キライなのは納得ですが女子がトレスなのは納得がいなない部分があります。ルイスの頑張りはなんだったのだろうかと思います。
 

そうですね。

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年 7月14日(土)13時53分46秒
  カルバハルさま始め昔の事を色々教えて頂きたいと思います。  

全く止まってしまった

 投稿者:ナイト07  投稿日:2018年 7月12日(木)18時53分0秒
  この板  

バレー観るならここしかない

 投稿者:ゆき  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時05分23秒
  http://satch.tv/?mref=33  

覚えています。

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年 5月30日(水)10時54分20秒
  日立、ユニチカによるプレーオフ、しかも二夜連続ゴールデンタイム。私はもう既に日立からユニチカを応援していたのですが結果は日立・・・。
殆ど打数の無い吉原も新人で優勝インタビューで初々しく「先輩達が~・・・」と言ってたのをよく覚えています。
それから吉原は全日本のレギュラーを勤めていましたが私はどうしても江上、三屋のセンターが焼き付いていたのでどうしても吉原が世界で通用した印象が無いんですよね。
晩年は確かにVリーグでレフトをしたりライトをしたりその事に関しては凄いなとは思いますがそのポジションのエキスパートだとは思えませんでした。
個人的にはよく頑張って女子バレーを牽引して来たと尊敬しますが一選手としては魅力は感じませんでした。
年齢が少し違いますが東洋紡で一緒にプレーしてた森山淳子の方が魅力的でした。
話が飛んですみません。
 

どんなスポーツも

 投稿者:なかむら  投稿日:2018年 5月19日(土)22時32分58秒
  ハングリーで荒々しい時代にはかなわないですね   

あっ!

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年 5月17日(木)11時54分31秒
  失礼しました。そうですよね。  

風呂の件は

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年 5月16日(水)20時05分8秒
  絹田、宮本選手二人で入っていた感じでした。確か・・・練習が終わって夜中にもうお湯が冷めてた・・・と記述してあった様に思いますので仲裁も居ないので派手にやってしまったのでしょうね。

時代が進み生活が良くなるに連れ女子バレーは弱くなりましたね。
 

そうですね。

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年 5月16日(水)13時19分3秒
  確かに私もつい何でも鵜呑みにしていたので・・・何でもかんでも「凄いな!」と思っていたのですが・・・。

東洋の魔女達は相手チームとの事は聞いた事はありませんがチーム内で仲が良かった分だけ喧嘩の時は激しかったそうですね。
谷田、宮本選手は練習が終わり二人で風呂に入って話しの内容が親の事になったそうで(どちらかの選手は戦争で父親が居ないのと母親が居ない立場)そこから喧嘩がエスカレートして風呂の中でとっ掴み合いの大喧嘩になったそうですね。多分それだけお互いに人間関係が構築出来ていたからでしょうね。
因みにこれは私が呼んだ本で東京五輪翌年に出版された大松監督の「黙って俺についてこい」と東洋の魔女の「なせばなる」のどちらかの本で読みました。
 

流石に

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年 5月16日(水)11時28分13秒
  もう20年くらい連絡もありません・・・。
 

大谷と石掛

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年 5月15日(火)20時00分22秒
  昔友人から聞いた話ですがそのネット越しでどちらかが「泣かしたろか~~~!」って言ってたと聞きましたが友人の大袈裟なホラだったんですかね?
私は見ていないので見たかった。
 

ロンリー様

 投稿者:アルタガモワ  投稿日:2018年 5月15日(火)15時02分32秒
  私もそれ観てたと思います。横山樹理がママさんバレーチームのエースでやってませんでした?
白井と樹理の激突?白井の「はーん?」と言う樹理に対して凄い睨み付ける恐ろしい場面があった様な・・・探せばビデオがあるはずなんですが・・・。
 

レンタル掲示板
/268